水にこだわるソープ

胸元を隠す美女

福原の街を歩くと、ソープの店舗を左右に行くことになります。中でも、高級ソープは立派な雰囲気を保っているので、すぐに分かることと思います。もちろん、高級でないソープがみすぼらしいとか、そういうことを言いたいのではありません。
福原の激安ソープや大衆ソープも、派手ではないながらもシンプルにまとまった美しさがあります。だいたい福原の街そのものがクリーンですから、どの店に入ってもその点では満足できるでしょう。
ただ、高級ソープはそれだけではないさまざまなこだわりに満ちたお店作りをおこなっています。店舗が綺麗であることはもちろん、各プレイルームの内装や、備え付けてあるおふろのデザインなども凝ったものになっていて、店で過ごしていると、「確かにオレは高級ソープで遊んでいる」という実感にひたれます。
また、ソープランドが大事にしなければならない「おふろ」に、なみなみならぬこだわりを持っている高級ソープも、福原には見られます。おふろの浴槽がカッコイイとかタイルがピカピカとか、そういうことではありません。浴槽にためる湯をつくるための水に、こだわりを持っているという高級ソープがあるのです。
その水はお肌に優しく、我々お客がつかっても気持ちよく過ごせるだけでなく、嬢のお肌にも良いというメリットがあります。高級ソープの最大の「売り」である美しい女声の美を保つためのこだわりだ、と言ってもいいでしょう。
こういう細かい心配りを欠かさないのが、高級ソープというところなのです。