SもMも楽しめる

白い服の女性

「手コキなんて、自分でやるオナニーと何が違うんだよ!?」と思う男性もいるでしょう。何のことかというと、手コキ風俗のことです。
この世には、手コキのみをサービスとしている風俗店が存在しているということです。ロリ系、お姉さん系、ギャル系の女の子が出てきて、手だけしか使いません。でも、発想の転換で、この風俗も楽しめるものとなります。しかも、Sの男性もMの男性も、どっちも楽しめるという稀有の風俗です。
たとえば、Sの男性は、気の弱い委員長系のロリ嬢を選んで手コキサービスを受けてみるといいでしょう。女の子は、顔を赤らめ、隙あらば目をそらそうとしつつ、それでもお仕事だから頑張って手を上下してくれるでしょう。その姿をじっと凝視していると、ますます女の子の顔は赤くなり、自然に切なげな声さえ出しはじめます。
つまり、手コキをさせることで女の子を辱めるというSプレイを展開することができるわけです。
逆に、押しの強そうなギャル嬢を選ぶべきなのはM男性です。ギャルが、まるで男性をイジメるような目で見下し、微笑み、「ホラホラ」などと可愛い声で煽りながら手コキをしてくれるプレイ。年下のギャル嬢が優位に立って、いじめてくるという逃げ場のない快楽地獄が、M男性を楽しませてくれるわけです。
このように、どんな男性も、考え方をちょいとひねるだけで、手コキ風俗では大いに満足することが出来るのです。自分の性癖に合う女の子を選び、プレイを満喫してください。